Categoryニュースレター

【楽天トラベル上位表示の条件】2021年最新まとめ

【楽天トラベル上位表示の条件】2021年最新まとめ

どうも!アドグラフィーの杉木です!

 

国内2大OTAのひとつである「楽天トラベル」

ユーザー層の特徴として、30〜40代の方が多くいらっしゃいます。

また、楽天市場、楽天電気、楽天モバイルと様々なサービスを展開していることもあり

楽天ユーザーの数は全世界で14億人にもなります。

 

今回は

「楽天トラベルでの上位表示させるため条件」

について情報をまとめましたのでご紹介いたします!

「じゃらん上位表示の条件はこちら」>>

 

 

上位表示のための条件

 

上位表示条件 一覧

・売り上げ(過去1〜2ヶ月)

・口コミ件数(件数が重要!)

・宿泊延べ人数 ÷ 総部屋数 の数値(高い方が良い)

・在庫提供数

 

売り上げなどは「じゃらん」と共通ですが

じゃらんは「口コミ点数」であるのに対して、楽天は「口コミの件数」といった風に、若干違います。

このような評価ポイントの違いから、それぞれのOTAに、宿によって「向き不向き」が生じるのでしょう。

 

上位表示の条件は、

日々アップデートされていっているようにあります。

結局のところは、”楽天トラベルにどれだけ奉公しているか”という判断基準だと考えられるので、できることをしっかりやれているかまずはチェックしましょう!

 

まとめ

ここ2回では、国内2大OTAの上位表示について書いてきました。

多くの方に宿を知ってもらうための施作として、OTAを活用していくことは重要です。

 

しかし、その一方でOTAに依存しすぎる状態も健全ではありません。

いかにSNSや自社ホームページの活用によって、直接顧客と繋がれるかが、今後さらに重要になってくるでしょう。

 

現状のホームページからの予約状況はいかがでしょうか?

投資に見合った売り上げを出せていますか?

力を入れるべきOTAサイトを強化していますか?

アドグラフィーでは、まず、現状の課題点の分析から ”売り上げを立てるために、まず何をすべきか” をご提案いたします。

詳細はお問い合わせより、まずは、現状把握から必要な改善をご提案いたします。

アドグラフィー 営業・企画開発 杉木

営業部のトリセツ

杉木自己紹介

ページ上部へ戻る