Categoryニュースレター

【アドグラフィーの説明書】営業部編

【アドグラフィーの説明書】営業部編

どうも!アドグラフィーの杉木です。

私がアドグラフィーの営業部となって

はや3ヶ月が経ちました。

 

私自身、業種も職種も違う、教育畑からの転身でしたが

これまでアドグラフィーの一員として活動する中で、感じたことをまとめてみました。

 

アドグラフィーの営業部は、

どのような思いで活動しているのかをご覧ください!

 

 

お客様の状況把握を、徹底的に行うこと

立地条件、観光客の動向、地域の特色、販売方法、使用ツール、 じゃらんや楽天の販促状況、自社サイトの現状、サイトコントローラー活用状況、現状の課題、そして、お宿がこれからどんな未来を描いているのか

徹底的に把握します。

 

それは、

ただ単に「商品を納品して終わり」ではなく

 

アドグラフィーが関わって頂いた後に「理想の未来」に近づけたのか。

それが私たちが提供している一番の商品だからです。

 

 

ベストなご提案をすること

正直なところ、弊社の商品が合わないお客様もいらっしゃいます。

そういったお客様に、無理にサービスを提供しても

 

費用に対して、十分な効果が感じられなかったり

商品導入後に、新たな課題が発生したり

 

といったことが起こり得ます。

 

「とにかく商品が売れれば良い」ではなく

「お客様が商品を買った後に後悔しないか」

を重視して、商品提案を行っております。

 

 

可能性を考え続けること

ネット販促は常に進化し続けており、

今までに聞いたことのない内容についてお問い合わせをいただくこともあります。

 

未知の事象に出会った時

「うちではやったことないので、無理です」

と諦めてしまうのではなく

 

「何かできることはないか」を提案させていただきます。

 

目的を達成する手段は一つではないですし

時代によって様々な手段が生まれます。

 

型にハマっただけの商品提案だけでなく

お宿とともに新しい挑戦をさせていただくパートナーとしての役割をもっています。

 

 

まとめ

アドグラフィーの営業部のお仕事は

「幸せの連鎖を生み出すきっかけづくり」です。

 

アドグラフィーとお宿が出会えば

お宿は利益を生み出し

お客様満足度は向上し

お宿はさらに利益を生み出し

地域は活性化していきます

 

私がそのように言い切れるのは

代表の河野を筆頭に、アドグラフィーは会社全体で

「成果に向かって愚直に改善を繰り返す文化」と「その文化により蓄積された多くのノウハウがある」

からです。

 

また、アドグラフィーは時代と共に変化するお宿のニーズに対応できるよう

サービス内容のアップグレードを常に行なっています。

 

だからこそ、新しい課題、未知の出来事に出会ったとしても

その課題を解決し、成果を出し、

多くのお宿様から選ばれ続けているのだと感じています。

 

そんなアドグラフィーとの出会いをつくる

営業部の仕事を誇りとして、これからも活動させていただきます!

 

 

アドグラフィー 営業・企画開発 杉木

自己紹介です!

ページ上部へ戻る