Categoryニュースレター

【ホームページ集客】ファーストビューにこだわることで離脱を防ぐ

【ホームページ集客】ファーストビューにこだわることで離脱を防ぐ

どうも!アドグラフィーの杉木です!

 

みなさんホームページの”ファーストビュー”こだわっていますか?

※「ファーストビュー」…ホームページに訪れたユーザーが、1番初めに目にする画面

 

ファーストビューは、ホームページの集客力をUPさせるためには非常に大切な部分です

 

今回は

「ホームページの集客力を上げていきたい!」

という方向けの記事です。

 

それではいってみましょう!

 

ファーストビューが大切な理由

 

ファーストビューは、ホームページを訪れた人が

そのページを見るかどうかを決定する要因だからです。

 

一般的には50%近くの人が

ファーストビューの時点でページを見るのをやめてしまうと言われています。

 

見るのをやめる人の割合が増えると

せっかく情報を載せていても顧客に届けることができません。

 

どこまでがファーストビュー?

 

ページを訪れてから

「3秒」

で顧客はページを見るかどうかを決定すると言われています。

 

つまり第1印象で顧客の心を掴む必要があるというわけです。

人の第1印象も約「3秒」で決まる。と言われます。

 

自分の第1印象を意識するように、

ホームページの第1印象をどれくらい意識していましたでしょうか。

 

そのような理由からも

ファーストビューは、継続的に改善し続ける必要があります。

 

ファーストビュー改善のチェックリスト

 

・文字情報が多すぎないか

ファーストビューは3秒しかないので、多すぎる文字情報は顧客が読み取れません。

 

・解像度が高く鮮明な写真を使っているか

第1印象を決定づける写真は、いわばホームページの顔となる部分です。

 

・OTAなどの他プラットフォームと情報の差がないか

OTAとの情報の差異は、顧客の不安感に繋がります。統一感をもたせましょう。

 

ファーストビューの見た目など、気になる方はアドグラフィーと一緒に確認してみましょう!

アドグラフィー 営業・企画開発 杉木

営業部のトリセツ

杉木自己紹介

ページ上部へ戻る