Categoryニュースレター

宿泊業の課題

宿泊業の課題

こんにちは!アドグラフィーの中島です。

今回は宿泊業の3大課題について、お話しします。

宿泊業の課題とは

どの業界でもそうですが、課題というものは多くあるものですよね。

宿泊業では多くある課題の中でも以下が大きな課題と言われています。

人手不足

人手不足は旅館・ホテルの長年の課題と言われています。

コロナ禍でさらに深刻化してきており、宿泊者数が減少しているとはいえ、館内の清掃や消毒など

感染防止対策のための作業時間が増えており、少ない人員で多くの作業を

おこなわなくてはならない状況です。

そこで重要なのがマルチタスク化とIT活用です。

マルチタスクで業務をするため、必要な仕事の引継ぎや顧客情報の共有などを目的に、

ITツールを導入する施設がどんどん増えてきています。

「人がしなくてもいい業務をどれだけ見出せ、そして自動化できるか」がポイントとされています。

業務を一つ一つ洗い出し、業務の流れを強化する取り組みが大切です。

顧客単価・収益の向上

宿泊施設に対しては、プライベート感のあるスペースでのサービス提供を求める傾向が強まっている今、

旅館・ホテルではすでに客室・食事会場の改装や料金込みのサービス提供など、ハード面、ソフト面で

対応しているところが多い。

宿泊客の滞在期間を延ばしたり、付加価値あるサービスを提供するには、

“地域の観光資産の棚卸し”が鍵になると言われています。

客観的な目で地域の価値を知る大切さとコミュニケーションのIT化が重要とされています。

宿泊施設だけでは付加価値にも限界がある、そんなときこそ地域と連携していくことで

価値を高め、単価・収益の向上に繋がります。

まとめ

今回は2つご紹介しましたが、まだまだ多くの課題、宿それぞれの課題がありますよね。

アドグラフィーでは旅館・ホテルの課題解決のサポートをしております☺

お悩みがありましたらいつでもお問い合わせください。

【お問い合わせはこちら】https://www.adgraphy.jp/contact

 

 

営業部 営業企画・開発   中島

 

ページ上部へ戻る