Categoryニュースレター

近隣でゆったり旅〜年末年始の旅行需要〜

近隣でゆったり旅〜年末年始の旅行需要〜

こんにちは!アドグラフィーの中島です。

もう12月も上旬が終わり、どんどん年末が近づいてきてますね。

皆さんは年末年始の予定はもう決まりましたか?

今回はそんな年末年始の旅行需要についてお話しします。

 

年末年始の旅行動向は?

JTBが「年末年始(12月23日~1月3日)に1泊以上の旅行に出かける人」の旅行動向見通し

を発表しました。

JTBの見通しによると国内旅行者数は1800万人と、2020年と比べると80%増と大きく

回復した。ただ、2019年のコロナ前に比べると38.5%減にとどまり、

さらに、新しい変異株「オミクロン株」の影響もあり、完全な回復まではまだいかないと

言われている。

旅行日数としては「1泊2日」が一番多く、続いて「2泊3日」が多い結果となった。

家族利用がほとんどであったが、ひとり利用が増加しており、移動手段も「乗用車」が

1位とコロナ禍ならではの結果となっています。

年末年始のトレンドは「近隣でゆったり」

乗用車の利用が多い傾向から年末年始の旅行トレンドは「近隣でゆったり」と

言われています。

全国的に居住地域内および近隣エリアへの旅行を選ぶ傾向にあり、

車でアクセスできる温泉地や自然・景勝地への関心が高く、部屋食や貸切風呂など

三密を回避したサービスを提供する高価格帯の小規模旅館や、自然に近い海や湖、

山岳地域にあるリゾートホテルの人気がでています。

まとめ

県民割・隣県割がある今、近場でゆっくり年末年始を過ごそうって人は

どんどん増えてますね。

年末は近くに宿泊して、1年の疲れを癒やす、そして年始はお家でのんびり

なんて過ごし方もいいかもしれませんね☺

感染対策をしっかりして、楽しい年末年始を過ごしましょう♪

 

ページ上部へ戻る