新着情報

【見た目が9割】伝わらないホームページの特徴

どうも、アドグラフィーの杉木です!

 

皆さん、ホームページの更新はどのようにされていますか?

 

さまざまなお宿様とお話をさせていただく中で

ワードプレスなどを使って、ご自身で更新されている方も多くいらっしゃるようですので、

今回は、ホームページの更新に関する記事です。

 

!こんな方におすすめの記事です!

「ホームページ自己流で更新しているけど、これでいいのかなぁ」

「魅力が伝わりやすいホームページにしたいな」

 

目次

・伝わらないホームページの特徴

・魅力を伝える原則

・まとめ

 

伝わらないホームページの特徴

 

結論「トップページから文字ばかり」

 

”文字が多い”ことが悪いというわけではありません。

文字が多ければ、それだけお客様に伝えられる内容は増えます。

 

しかし、

「多くの情報を載せている」ことと

「多くの情報が伝わる」ことは別にして考える必要があります。

 

「情報を伝える」という視点で考えたときに写真や映像などの効果は絶大です。

 

1分間の映像には、

文字情報に換算して180万文字分もの情報量があると言われています。

 

「メラビアンの法則」という

「人がコミュニケーションをとる時に、どんな情報に基づいて印象が決定されるのか」

を検証した事例によると

 

視覚情報 55%

見た目、しぐさ、表情、視線など

聴覚情報 38%

声の大きさ、話す速さ、口調など

言語情報 7%

言葉そのものの意味、会話の内容など

 

それだけ視覚情報というのは影響力が高く、

文字などの言語情報は、ほとんど覚えていないということです。

 

皆さんも、誰かと会ったときに

「楽しかった印象はあるけど、何を話したかは全然覚えてないなぁ」

という経験があるのではないでしょうか。

 

話をホームページに戻しますと、

トップページというのは、人との出会いでいうところの「第一印象」

見た目のイメージが大切です

 

トップページで”文字ばかり”になってしまうということは

初対面の方に対して、突然、自分語りを長々とするようなものです。

 

それを踏まえた上で、次の項にいきましょう!

 

魅力を伝える原則

 

「わかりました!視覚情報が大切なのはわかりました

けど!”言葉で思いを伝えたい”部分もあるんです!」

 

という場合は、次の原則に乗っ取ってホームページを作ってみてください。

 

「写真で掴む」→「文字で説明」の原則

 

まずは、写真や動画でホームページを見にきた人の心をバッチリ掴んでください。

「なんか良さげな感じがするなぁ」という印象を与えらえればOKです。

 

写真に魅かれて詳細を気になった方には、クリック先で詳しく説明を足せば良いのです。

これだけでかなりトップページの文字情報の量を整理できます。

 

ホームページに情報を見に来る人の多くは

”その宿に初めて行こうとしている方”です。

 

初めてのお客様向けに、色々と情報を充実させていても

”情報が伝わらない”ということになるのはもったいないです。

 

第一印象が

”なんだか見ずらいホームページだな”

という印象になってませんか?ホームページを見直してみましょう。

>>無料「ホームページ診断」はこちらまでお問い合わせください

 

まとめ

 

自社のホームページの

「文字が多すぎないかチェックしましょう」

 

原則は

「写真で掴む」→「文字で説明」

です。

 

ホームページは現代で必須の販売促進ツールです。ページの構成によって宿の収益は大きく変わってきます。

アドグラフィーでは、無料でホームページの診断を行っています。

自社ホームページのことからOTAページの魅せ方まで、オンラインでお話しさせていただきますので、ぜひご活用ください。

>>お問い合わせはこちらまで

お打ち合わせ、お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

3日経っても連絡がない場合、お手数ですが097-529-9230までお問い合わせください。

電話で問い合わせ メールをする