新着情報

世界共通言語といえば…?

こんばんは!アドグラフィーの杉木です。

 

みなさんは冒険家と言ったらどんな方を思い浮かべますか?

今回はイギリスの冒険家「イザベラバードさん」に関する小話です。

 

イザベラバードさんって?

イザベラバードさんは、19世紀後半に世界中を旅した方です。

 

日本にもやってきてその記録を「日本奥地紀行」という本にまとめています。
その旅路は江戸~蝦夷(現在の北海道)という。当時の明治政府も通ったことのないような難関コースだったそうです。

 

例えるなら「初見の福岡都市高速」

 

え?そんなに難しくないですか?難しいですよね。難しいということにしておいてください。

 

それはさておき、イザベラバードが旅のお供として、雇った人物がいます。皆さんだったら、異国の地で旅をするとなったらどんな人が必要ですか?

通訳 伊藤鶴吉

そう、通訳さんが必要だったんです。

イザベラバードの通訳に抜擢されたのが「伊藤鶴吉」です。

 

彼は、めちゃ優秀だったらしく、イザベラバードさんの旅を助けたそうです。

 

現代の通訳は?

今の旅路に、わざわざ通訳を雇う人は少ないでしょう。

なぜなら、スマートフォンなどの通訳アプリが非常に優秀だからです。

 

旅館やホテルのホームページでも、他言語対応をしているものも多く。海外からのお客様はホームページで情報収集をする人もいらっしゃいます。

 

海外のお客様はどこを見ているかご存知ですか?

例えば、

・料理    「私たちでも食べれるものあるかなぁ?」

・アメニティ 「シャンプーとかタオルとかいるのかなぁ?」

・アクセス  「ちゃんといけるかなぁ?」

日本人の方以上に、日本の宿の”当たり前”を知らないので、上記のような点が気になるようです。

 

料理やアメニティに関しては、外国語表記でなくても写真があれば伝わります。

 

そういう意味では、写真ってどの国でも使える世界共通言語だなぁと思うわけです。

まだまだ、海外旅行者が増えるには時間がかかるかもしれませんが、どうでしょう。みなさんのホームページは世界共通言語を使っているでしょうか。

お打ち合わせ、お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

3日経っても連絡がない場合、お手数ですが097-529-9230までお問い合わせください。

電話で問い合わせ メールをする