WEBデザイナー 井上 祥子

井上 祥子WEBデザイナー

芸術系高校からデザインを学ぶ

最初のきっかけは、絵を描くのが好きというすごくシンプルなものでした。大分には、芸術系の高校があり、そこに進学を決めたのも私にとって自然な流れでした。
高校ではビジュアルデザインを専攻し、大学では油彩を専攻していましたが、デザイン以外の美術の勉強(油絵・日本画・彫刻など)を学生時代に学んだことは、今のWEBデザイナーとしての仕事におけるベースになっていると感じていると共に、自分の強みであると感じています。

デザインの仕事にのめり込む

卒業後は、デザインの仕事がしたいと考え印刷会社へ入社。そこからは、WEBデザインの仕事がメインになり、女性らしいデザインに強みを持つようになりました。
学生の頃の制作と、クライアントの課題を解決するデザインの仕事の違いを理解しキャッチアップするのは大変で、非常に戸惑ったことが今では良い思い出です。その後徐々に仕事にも慣れ、デザイナーとして、「顧客のやりたいことを実現する」ために仕事に向き合い、クオリティの高い仕事を追及するため、担当営業やディレクターと密に連携を取り、ひとつのものを創り上げていくことにのめり込んでいきました。

「客観的な意見を大事にする」というこだわり

初めは、仕事先のひとりとして出会った弊社代表の河野との仕事上でのやりとりは、私にとって非常に刺激的なものでした。「顧客の利益創出のために一緒になって課題に向き合う」その過程を通して、仕事に没頭するがために自分自身見落としてしまっている点などに気付かされ、客観的な意見を受入れることでより良いものが創れるということを早い段階で実感できたのは、今の仕事にも良い影響を与えていると感じています。私がWEBデザイナーとして仕事に向き合うスタイルを確立するきっかけになったのは、弊社代表の河野と仕事をしたことが大きかったと感じています。
顧客の魅力をカメラマンとして画像に切り取り、言葉以上に雄弁に語る一枚を創りだすクリエイターとしての河野の発言は当時から今も変わらず、圧倒的な説得力を持っているように感じています。

メンバー紹介一覧に戻る
ページ上部へ戻る